fratto vol.12 2010.10.25 発売
【Sold Out】

人生の喜びを感じる日も、ただ切ない夜も、
街には、音楽があふれていてほしい。

音楽の街・浜松の系譜、空の下の音楽会、
ジャズ愛好家、蓄音機愛好家、木の実からメロディを生み出す人。
幾人もの音楽を愛する人々の声に、耳を傾ける時間をどうぞ。
船で詣でる美しの伊勢、写真家が遺した奥三河の風景も織り込む。
CONTENTS



□特別企画
島を渡る風に乗って
舟参宮〜古の伊勢参拝道をゆく

■特集
音楽が生まれる街。

いつも心に太陽を持て。そして、くちびるに歌を持て。
ドイツの詩人は、人々の道しるべとなる一篇の詩を編んだ。
寄る辺ない淋しさや深い悲しみに向き合うとき、
ほがらかなメロディをくちずさめば、きっと胸に灯りがともる。
だから、悩み苦しむ誰かを励ましてやれと、その詩は云う。
心に太陽を、くちびるには歌を、そして勇気を失うな、と。
すれ違う人のハミングや、ふいに流れ出したBGM、
スポットライトの下で奏でられる弦楽器の調べ。
街に流れる一節の音楽と、そこに込められた愛情が、
人に魔法をかけることがある。
胸を満たす感情を増幅させ、あるいは浄化し、
ときに一条の光を投げかけ、
繰り返す日常を特別な時間に変える魔法を。
だから私たちは耳を澄ませる。
胸に灯りをともすメロディの、はじまりの一音を探して。
それをいつかくちびるの歌に乗せて、誰かに魔法を届けるために。


□ジャズと月と。
 Photographs Yutaka Nishizawa

□ぶどう園音楽会/樹のしたで/ムーンライトコンサート

□音楽が生まれる街・浜松のヒストリエ
 ヤマハ創始者、山葉寅楠とオルガン誕生の物語

□世界が認めたヤマハクオリティの舞台裏
 ヤマハ掛川工場

□熟練工が守る、百年の音色
 ナチュラルピアノ

□世界の楽器にふれるミュージアム
 浜松市楽器博物館

□蓄音機愛好家 杉浦一朗さん

□内田修ジャズコレクション展示室

□音楽があれば、そこはいつでも世界の街角
 週末ごとに通いたくなるバー&カフェ
  intelsat/analog./Berkeley/Accordiana

□岡崎に、インディーズロックの聖地あり
 CAM RECORDS

□ロックは常に最新がかっこいい
 sone records

□カフェと店主とあの頃の音楽
 grotta/GOOD BAIT/TOURNEZ LA PAGE/Esquerita68

□音楽評論家 小川真一さんロングインタビュー

□森は歌う、七色の声で
 スナフキンの森をたずねて 笛奏者 オマタタツロウさん




□詩情の風景をさがして
 高原の美術館へ
 写真家・前田真三が映した奥三河




□働く女性のためのショップガイド
 Boutique&School ひとり歩きの休日

□fratto FAVOUR
 Let's Join Us/Artist/Workshop/Art/Event/Music/Book/DVD/Travel

[連載コラム]
□Koji Matsumoto the Last Leaf
□ドイツボードゲーム塾
□やぎのフォトレポート
□西澤トモコのあこがれハノイ移住日記

□四柱推命で見る2010年11月〜2011年4月の運勢

□編集後記




■特別付録
フォトグラファー 松本幸治・八木史子 ポストカード

[前の画面に戻る]